退職後の計画の必要性

,

老後についてよく考えておくのは、誰にとっても重要なことです。
年金問題の影響を受けて、少しでも多くの老後資金を獲得しておこうと考えることも多くなりました。
看護師にとっても定年退職してからの計画を立てておくことは大切であり、資金計画も考えながらキャリアを考えて働くと良いでしょう。

老後のことを考えて資金を用意しようと考えると、年金を受け取りやすくするように常勤で1つの職場で勤め続けた方が良いでしょう。
同様のことが退職金についても言えるので、むやみに転職をしすぎない方が生涯で手に入るお金は多くなる可能性があります。
パートや派遣で働くと福利厚生が問題になりやすいので、年金や退職金の有無についても考慮して職場を選び、長く働くのを重視するのが賢明です。

一方、定年退職後も働きやすいのは看護師の特徴であり、資金計画にもし不安があったとしても老後も働いて稼ごうという考え方もできます。
予め老後も働くかどうかを決めておくと、キャリアビジョンの構築もしやすくなるでしょう。
老後には常勤から委嘱を受ける立場に切り替えるか、新たにアルバイトを探すかになるのが通常です。
委嘱を受けるには、常勤で定年まで長く働いているのが理想的でしょう。
一方、アルバイトを探すのであれば、どのような仕事を老後にしたいかを考えてキャリアビジョンを構築しておくのが大切です。
採用してもらえるかどうかは経験に依存しやすいので、類似している現場でのキャリアを作っておく必要があります。
このように、老後のキャリアビジョンを踏まえた働き方をしておけば、定年後も看護師として活躍し続けられるでしょう。